小規模保育事業を利用する子どもが3歳になったが、卒園後の受け皿が見つからない場合、引き続き、特例給付を受けて小規模保育事業を利用することは可能で すか。

小規模保育事業を利用する子どもについては連携施設を設定して、卒園後の受け皿を確
保することが求められますが、連携施設の設定については、5年間の経過措置が設けられているところです。
経過措置期間中に連携施設が設定できず、卒園後の受け皿が見つからない場合には、定員の範囲内で、特例給付を受けて、引き続き、小規模保育事業を利用することは可能です。

自治体向けFAQ(よくある質問)