保育課程と自己評価の関連のさせ方について 改定保育所保育指針 第4章「保育の計画及び評価」

保育の計画を作成する時、既に評価の視点も考えられているといえます。
例えば、「一人一人の子どもが安心感をもって過ごせるようにする」と計画に盛り込んだ際、子どもが安心して過ごせるような環境の工夫、保育士の対応の仕方、子ども同士の関わり、保護者との連携などを視野に入れて具体的な保育の内容を考えていきます。
そして、子どもの気持ちの変化や言動などから保育を振り返り評価することができます。
環境の工夫はどのような効果があったか、保育士の声のトーンは適切だったかなど、多様な視点で保育を捉えることにより、保育士の課題や良さが見えてきたり、それらを基に保育の見直し、改善が図られていきます。
こうした具体的な指導計画の評価を積み重ねることで、保育課程の評価が成されていきます。

保育課程を編成する際にも、当然のことながら保育の着眼点や評価の視点が踏まえられたものになっていくでしょう。

これまでも保育所では常に保育を反省し、課題を持って保育に取り組んできたのですが、今回の保育指針の改定により、さらに全職員で保育課程を編成し、その内容に基づく指導計画、指導計画に基づく保育実践を振り返り、自己評価することが重要となりました。

保育課程に基づく指導計画、保育実践、自己評価、そして、指導計画や保育課程の見直し、再編がより意識的に、体系的になされることで、保育士の専門性、保育の質の向上が図られると考えています。

改定保育所保育指針 Q&A50