保育課程の編成や指導計画作成の留意点について知りたい。 改定保育所保育指針 第4章「保育の計画及び評価」

保育課程や指導計画による保育実践を自己評価し、計画の見直しにつなげることが、保育の改善や保育の質の向上につながります。

そのため、指導計画に基づく保育実践を振り返るとともに、指導計画の根幹である保育課程を全職員で見直し、明らかになった課題などを保育課程に反映させていくことが重要です。

また、保育課程や指導計画を作成する際、評価の視点や着眼点を視野に入れることで、その後の振り返り、自己評価、計画の見直しや再編につなげていきます。この一連の流れを保育所において意識的に取り組むことが保育の質の向上につながると考えられます。

保育課程や指導計画の様式は保育指針やその解説書において示していません。保育指針の内容や趣旨を踏まえて、それぞれの保育所で全職員で協議して編成していくそのプロセスが大事であり、保育所の特性や地域性などを生かして創意工夫を図っていくことが重要です。

その取組の中で、保育を捉え直したり、職員間の一層の共通理解を図っていくことが保育の質の向上につながると考えられます。各市町村の関係者で「様式」を検討したり、保育団体等の研修会で保育課程の編成などについて行うものもあります。

保育課程、指導計画だけでなく、児童票や今回の改定で義務化された保育要録など、様々な書式の検討をそれぞれの記録のつながり、重なりを考慮して関係者が協力して作成していくことが望ましいと考えています。

改定保育所保育指針 Q&A50