保育所の役割が深化・拡大していく中で保育士の専門性に求められるものとは? 改定保育所保育指針 第1章「総則」 

保育指針では、平成15年に改正された児童福祉法18条4を踏まえ、保育士の専門性について言及しています。
保育所の保育は「専門性を有する職員」が専門性を発揮して担うものとし、特に保育士は専門的な知識と技術、そして倫理観に裏付けられた判断をもって子どもの保育と保護者への保育指導に当たることを明確にしています。

保育指針の解説書においては、保育士の専門性を
①子どもの発達援助に関わる知識・技術、
②子どもの生活力を助ける生活援助の知識・技術、
③保育の環境を構成していく技術、
④子どもの遊びを豊かに展開していく技術、
⑤子どもや保護者の気持ちに寄り添いながら援助していく関係構築の知識・技術、
⑥保護者等への相談・援助に関する知識・技術としています