児童が少なくなる時間帯における保育士配置に係る特例を利用しようとしているが、どうすれば要件を満たすことができますか。

指摘事項:保育士配置の特例 認可保育所指導監査基準(運営編)職員配置

留意事項と対策:

保育所における保育士配置の特例(平成28年4月施行)として、厚生労働省では、待機児童解消のための緊急的・時限的な対応として、平成28年4月より、各自治体が保育所における保育士配置の特例を実施できるようにしています。

内容は以下の1~3となります。

1 朝夕など児童が少数となる時間帯における保育士配置に係る特例
 →保育士最低2人配置要件について、朝夕など児童が少数となる時間帯において保育士2名のうち1名は子育て支援員研修を修了した者等に代替可能とする。

 2 幼稚園教諭及び小学校教諭等の活用に係る特例
 →保育士と近接する職種である幼稚園教諭、小学校教諭、養護教諭を、保育士に代えて活用可能とする。 

3 保育所等における保育の実施に当たり必要となる保育士配置に係る特例
 →保育所等を8時間を超えて開所していることなどにより、認可の際に最低基準上必  要となる保育士数を上回って必要となる追加の保育士数について、子育て支援員研修を修了した者等に代替可能とする。

子育て支援員とは、自治体が主催する「基本研修」及び「専門研修」を修了し、保育や子育て支援分野の各事業等に従事する上で、必要な知識や技能等を修得したと認められる方です。

国家資格ではありませんが研修を受けることで全国で認定を受けることができ全国の子育て分野の施設で従事が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。