園独自の休所日を設けてよいでしょうか。

給付費の算定上、保育所の開所日数は、「原則、日曜日、国民の祝日及び休日を除いた日数」としていることから、やむを得ず休所する場合については、需要調査を実施し、需要がないことを確認のうえ休所することとなります。

市認定保育施設については、保育の必要性がある児童を預かる施設、また、給付費の対象施設(入所調整・決定は市が実施している)となっていることから、原則、園独自の休所日を設けることはできません。(※インフルエンザ集団感染による休園や災害発生時による休園は除きます。また、その場合については、保育料の返還義務が生じます。)

なお、年末・年始(12月29日から1月3日)の休所日については、利用者に対する保育需要の調査を要しないものとしています。

また、保護者のお盆休みなどに対応する保育需要の調査については、各施設においてご留意のうえ、判断願います。

特定教育・保育施設指導監査Q&A【福島市第3版】より抜粋