他の施設(事業)を利用している子どもも休日に 受け入れているが、その場合はどのように支払わ れるのか。

休日保育加算については、「休日保育の年間の延べ利用子ども数」の区分に応じた加算額となっていますが、この利用子ども数には、平日は他の施設(事業)を利用している子どもであっても、休日保育の利用を受け入れる場合にはその子どもの数も含まれます。

なお、加算については、上記の延べ利用子ども数(平日に他の施設(事業)を利用する子どもを含む)に応じて適用される加算額を休日保育を実施する施設(事業)を利用する各月初日の子ども数(平日は他の施設(事業)を利用する子どもを含まない)で除して加算されることになります。

公定価格に関するFAQ(よくある質問)Ver.20(令和3年9月14日時点版)